紅女の血縁

紅女の血縁 表紙画像

「それは、ある吸血鬼の497年に及ぶ運命との戦い」

以下の点にお気をつけください。

この作品には、著者による大量の妄想設定が含まれています。

この作品には、著者の独断による原作との矛盾が含まれています。

今回は最終的にパラレルになります。

吸血鬼はいかにして幻想郷へいたり、その未来には何があったのか? 紅魔館の運命を描ききった長編小説。

第一章「紅魔の血族 ~Red Vampile」……レミリアは妹の運命を見た。そして、497年に及ぶ戦いが、この時始まったのだ。

第二章「雨の森の魔女 ~Locked Girl」……若き魔女、パチュリー・ノーレッジは吸血鬼と対峙する。大火球の魔法が吸血鬼の身を焼くために燃え盛る。だが、吸血鬼は取り乱すでもなく、自然な態度でそこにいた。

第三章「黒の十字架、銀のナイフ ~Sacred Vampile」……祝福された吸血鬼と、吸血鬼殺しの少女。ふたりはやがて出会い、戦う。

第四章「紅美鈴の戦い ~Double Red」……美鈴の花畑に、突如出現した紅い館。館に乗り込む美鈴を待ち受けていたのは、彼女の運命を変える出会いだった。

第五章「光と闇の境界 ~No More Lights」……幻想郷を襲った災厄・ルーミア。挑発されたレミリアは、しかしその魔族に対して無関心だった。

第六章「紅魔への反旗 ~500 years destiny」……パチュリーは決意する。スカーレット・デビルを打倒する、と。翻った反旗は、吸血鬼にとって未曾有の危機となった。

第七章「悪魔の証明 ~quod erat DEMONstrandum」……そして到来した運命の瞬間。幻想郷の危機に、レミリアが打った秘策とは――

220P 新書版

著作:和泉幸奇

表紙イラスト・デザイン:xero (Lunatic+)

口絵:鳥居すみ (airdrop)

挿絵:xero、Raichu

印刷くりえい社

東方紅楼夢にて頒布。頒布価格\800

とらのあな、メロンブックス、ホワイトキャンバスにて委託。委託販売価格 \1100

第一章全文

Aug 11, 2012 00:01